BMWの修理代は維持できないほど高い?

いつもHPのご閲覧ありがとうございます。

今回はBMWに乗ろうと思っている方や乗っているけど保証が切れた後が心配と思っている方に普段BMWの修理をしている立場から

BMWの修理コストに関して見解を書きたいと思います。

ズバリ結論から申し上げますと高い安いの価値観の問題もありますが高額になってしまうケースもありますが防げる高額修理もあります。

車のトラブル(事故などは除く)は車目線で原因を探っていくと大きく分けて2つあります。

それは

不可抗力的なケース

メンテナンス不足や予見できる箇所をそのままにしたことによる故障のケース

です。


1つ目の不可抗力的なケースですが車種ごとにあるウィークポイントがあったりします。

部品に関してもメーカーは徐々に対策品にしていくので俗に後期型の方が故障が少ないと言った意見は結構当たっていたりします。

この辺りはほんと車種によるのでこの車はどうですか?みたいなのがありましたらお問合せ下さいませ。


特に今回重要視したいのが2つ目の「メンテナンス不足や予見できる箇所をそのままにしていたケース」です

最近あった出来事で言うと

・中古で買ったが以前のオイルメンテが悪くエンジンが破損していた

・チェックランプの原因を見ないまま乗っていてエンジンコンピューターが故障

・エアサスのエア漏れに気づかないまま乗っていてコンプレッサーが故障

と運転していて気付くケースと気付かないケースと別れますがいずれにしても予防修理/メンテナンスが出来たら高額修理は防げたケースって結構多いんです。

なので点検も重要ですし修理/メンテナンスの際の診断や部品の選定がすごく大事です。

このケースの修理の場合は事の発端である箇所の修理+二次被害的に故障した箇所を修理する必要がある為高額となってしまうことが多いです。

メンテナンスであったり予見できた箇所に関しては比較的許容できる出費となる場合が多いのではないでしょうか。


せっかく購入されたBMWが思いもよらぬ高額修理で嫌いになったり乗り換えになったりしないよう素敵なカーライフにして頂きたいのが僕らの願いでもあります。

なので車検/点検でご来店頂いた方のお車は徹底的に見させていただいております。

一回の修理が大したことが無くても1年間に何回も故障となると憂鬱になりますのでここ1.2年でどういったところにリスクが潜んでいるかは把握できると良いですよね(^^)

せっかくベースがしっかりしているメーカーですので定期的なメンテナンスで長く気持ちよく乗れることが一番のエコであり、またコストパフォーマンスに繋がると考えております。

BMWを乗る上でオイル交換などの必要経費とそうでない経費を分けてみると人や動物と同じような部分もあるのが自動車を所有する上での醍醐味ではないでしょうか。

一部特殊な車種/エンジンございますのでもしご購入前で疑問点などございましたらご相談下さいませ(^^)