電気系統修理

電気系統修理

電気系統修理

BMWは車の走行だけでなく様々な動作に対してコンピューター制御が行われており、何かしらのチェックランプが点灯している場合は点検・修理が必要です。

電気系統修理でよく行う作業は下記の通りです。

  • 球切れ修理
  • 雨漏れによるユニット故障修理
  • ヘッドライト水侵入
  • 配線のショート//断線
  • DSC/ASCユニット/回転センサーの故障
  • エアバックランプ点灯
  • オルタネーター/発電しない

BMW ヘッドライトの曇りの修理 3万円~

 

 

BMWの特に5シリーズ(F10 F11)や1シリーズ(F20)系に多いヘッドライトの曇りの修理致します。

症状確認→乾燥/修理→最終チェックが必要なため最低3泊4日必要です。

最悪の場合内部ユニットが故障すると10万円以上の修理が必要となります

曇りと言ううより水没です

ここまでなるとユニットが故障します

エアバックランプ点灯修理 

エアバックランプの点灯ですが配線の接触不良、シートベルトキャッチ、エアバックユニットが多く、診断は故障記録だけではあまり信憑性が無いので、各部、電圧抵抗値をしっかり見ていく必要があります。